• 中野悟朗

自分じゃなくてもいいこと


最近自分の活動の仕方について考えることが増えてます。



周りの人たちには


"いつ寝てるの!?"


と言われることも多く、そういうイメージを与えていると思う(Twitterやリアルで寝てない自慢も割としてるのでw)



そうなってる時は



・制作の締め切り


・ライブの予習や譜面作成


・ほしい機材やソフト音源について調べまくってる


・飲んでたら楽しくて帰らない



大体こんな感じだろうか?



去年のSSDのライブで二徹状態でライブして、メンバーに怒られたのも懐かしい話です(ほんとにすみません)



編曲など制作に関して言うと、


スケジュール管理があまり得意じゃなくて、詰め込みすぎたりギリギリになっちゃうことが多いんですけど、


やばい時は寝ないでめちゃくちゃ集中することで乗り越えてきました。


追い込まれたり、もうやらないと終わる


みたいな状況に置かれると、ものすごい集中できて、アイディアが溢れて無敵状態になる感じというか。


そういう状態に入ってうまくのれると完成したものにも満足してすごい気分いい朝を迎えられるんですけどね笑



かわりに次の日の集中力や判断力が半減してるので、フルパワーで行けなくなる。


その状況でも及第点出せる対応力は少しついてきたかもしれない。


でも本当は毎回バッチリ準備をしてライブや打ち合わせに臨まなきゃ、連鎖していくはずのものを逃してしまうんですよね。


頼ってくれるものはなるべく全部やりたいし、規模の大小に関わらず好きなアーティストの制作には全部関わりたい。


そして寝るのが好きなんでできたら毎日普通に寝たいw


これをクリアするには、チームで動いたり、人にふってく立場になっていくことがいいのかなという結論になりました。


人を引っ張ってくタイプではないけど、そういう状況を作るのは実はあってるのかな、と。


自分の不得意分野をカバーしてくれる人がいたらクオリティも確実にあがりますしね。


あと、好きな人たちと作業するのは単純に楽しい。



さらに一人でやってると甘えたり後回しにしてしまうことも、時間の余裕と責任を持って進められるんじゃないだろうか。


もう寝れない生活は終わりにする、という意気込みでしたw


長文読んでくれてありがとうございました〜!


明日は早く起きて作業するぞ〜!

19回の閲覧

最新記事

すべて表示

髪がなくなった話

知ってるアーティストが、髪の毛が抜けていってることをカミングアウトしていた。 一回対バンしたことがあるのだけど、僕はその時他のサポートだったから覚えてないだろう。 noteという購入して記事を読むサイトで、タイトルにつられて100円払ってそれを読んだ。 現在進行形で戦ってるらしい。 コメントしようと思ったけど、それが求められてない気がしてやめた。 もう随分前のことになるけど、僕には髪の毛がない時代

ストレスフリー

SNSはTwitterしかやってませんが、それぞれの環境で色んな感情抱えて生きてるんだなぁと感じますね。 僕はいわゆるフリーランスなんで、あんまり合わないなって人や、追い込まれるのしんどいなって時も、一つの案件が終わったらまた次の依頼が来た時自分で選ぶことができます。 人間関係でも無意識に距離を置いたり離れていく選択をしてきていると思うので、会社勤務の人たちに比べたらストレスは少ない。 家庭環境は

©2020 by 中野悟朗 official website。Wix.com で作成されました。